パチンコ店員からみたうざい客とは?店員の内心を暴露

ひとし
私は2店舗でパチンコのアルバイト経験があります。そんなパチンコ店員から見た、うざい客の特徴をまとめました。

ドル箱いっぱいに玉を盛る客

正直これが一番迷惑です。

 

ドル箱は後ろに重ねて積むので、モリモリに積まれると玉が邪魔で箱がうまく積めないのです。

 

積もうとすると、ほぼ確実に数玉はどっかに飛んでいきます。

 

そしてそれを拾う作業が大変なのです。

 

正直、客が誰も見ていなければ、拾うことはないですが、迷惑です。

 

そして重い。運ぶときにやたら重いため大変です。


呼び出しボタンを押して何も言わない客

呼び出しを使う客は基本的にドル箱の交換か玉詰まり、休憩などです。

 

大抵のことは見た瞬間にわかります。

 

しかし、全てのエラーが表示されるわけではないので口頭で伝えてもらわないと分からないのです。

 

加えて、新人は台のほとんどのトラブルをが何かを聞かないと理解できないのです。

 

呼んでおいて何も言わない客は非常に迷惑です。

 

手だけでドル箱を受け取る客

マネー
呼び出しボタンを押した客に、ドル箱を持っていくと、手だけをこちらに向けて無反応で箱を受け取る客がいます。

 

気持ちはわかりますが、こちらもせっかく持って行ったのだから、せめて反応だけはして欲しいです。

 

「持ってくのが当たり前」みたいな態度の客には持って行きたくなくなります。

 

まぁそれが仕事ですから持っては行きますが…

 

ご案内や話を無視する客

店員は、景品交換などの際に、新台案内やイベント情報のご案内、会員登録の案内などのコミュニケーションを取ろうとします。

 

その際に、全く話を聞かず、反応すらしない客は多くいます。

 

無反応な客にはこちらも景品を渡す気持ちが薄れます。

 

しかし、パチンコ店は接客が厳しいいため、常に営業スマイルです。

 

心の中では、「ギャンブルジャンキーが」と思っています。


歩きタバコをする客

タバコ
灰がホールに落ちて掃除するのが面倒です。

 

また危険なため、横を通るときも注意する必要があります。

 

タバコの匂いが嫌いだと最悪です。

 

上から目線のお年寄り

パチンコ店はお年寄りが多いです。

 

時にはコミュニケーションがまともにできないお年寄りもいます。

 

お年寄りの客で一番タチが悪いのは、偉そうなお年寄りです。

 

箱出しが少し遅れたり、台のエラーが数回起こった時に大声を出すお年寄りは多いです。

 

短期な客お年寄りに多いです。

 

そして、お年寄りの場合、勘違いも多いです。

 

台を直しても直ってないと言い張るお年寄りも稀にいます。
パチンコ店
最新情報をチェックしよう!