初心者が必要なバスケットボール基礎練習

ひとし
バスケットボールは世界で一番競技人口が多いづポーツです。日本でも徐々に盛り上がりを見せているバスケットボールの上達する練習について説明します。
この記事を読むメリット
ドリブルの基礎が理解できる
・パスの基礎が理解できる
・シュートの基礎が理解できる

基礎練習の大切さ

私は14年間、バスケットボールに打ち込んできました。小・中学では初戦敗退のチームで過ごし、高校・大学では全国や国体なども経験しました。バスケットを続けるにあたって今まで多くの、選手と関わってきて、活躍できる選手にはある共通点があることに気がつきました。

 

それは、「基礎がしっかりできている」ということです。

 

弱小中学から、全国優勝もしたことがある強豪高校に入学したときは、自分以外の選手はみんな「基礎・基本」ができていました。

 

その高校を卒業して、関東の大学に入学してみると、さらに「基礎・基本」ができている選手ばかり…

 

上手い選手と「基礎・基本」は切っても切り離せないということが分かりました。というより「基礎・基本」をどれだけ正確にできるかで、その人の実力が決まるといってもいいでしょう。

 

ドリブルの基礎

ドリブルの基礎

ドリブルができることは大きな武器になります。ではドリブルの基礎とは何か…

  • 左右両方の手でドリブルができる
  • ボールを見ないでドリブルができる
  • インサイドアウト・レッグスルー・バックビハインドなど使い分けられる

 

左右両方の手でドリブルができることは基本中の基本です。しかし、両方の手を同じくらい使いこなせる選手は、大学生やプロ選手でも少ないでしょう。つまり、早いうちから両手を同じくらいに使えるようになれば、大きく有利に立つことができます。



 

パスの基礎

上手い選手というのは、みんなパスが上手です。良いパスを出すには「広い視野」「余裕」を持っていなければなりません。

 

これもドリブルの基礎と同じで両手を使うことができると、パスの選択肢が増えるでしょう。パスの選択肢が増えるということは攻撃の選択肢も増えるということです。

 

ドリブル・パス・シュートの3つを使いこなせる選手は相手の脅威となるでしょう。

パスの基礎

  • 強いチェストパスが出せる
  • フリーな味方にパスを出せる
  • 状況に応じて左右両手でパスができる

レベルが違いすぎて、参考にはなりませんが、パスとはこういうことです…

シュートの基礎

シュート基本的に、ジャンプシュート・レイアップ・フリースローの3種類に分けられます。

 

シュートの基礎は腕の力で打たないことです。レイアップシュートなら届かないことはないでしょうが、ジャンプシュートやフリースローはある下半身の力を使わないと飛びません。

 

シュートが届かないからといって、腕の力に任せて打つようでは、悪いシュートフォームになり、正確性も落ちるでしょう。

 

また、筋力が足りていない中高生の場合は無理に高い打点で打とうとせず、無理なくリングに届く位置からシュートをリリースすることでフォームを崩さず、悪い癖もつけなくて済みます。

 

シュートの基礎

  • 腕の力に任せてシュートを打たない
  • 下半身の力をうまく伝達することができる
  • スナップを利かせ、回転をかける

 

合わせて読みたい、成長する選手とは

バスケがつまらないと感じる成長しない人の特徴

バスケ
最新情報をチェックしよう!