【結果を出す人の共通点】あの人はなぜ結果を出せるのか徹底解説

ひとし
この記事を見てくれた方は、何かの分野で結果を出そうとしている方だと思います。
今回はそんな結果を求める人に向けて、書いた記事になります。

 

今にこだわる

走る

結果を出す人は、今に集中します。過去や未来のことは考えず、今できることに最善を尽くすのです。

 

目標を決めることも大事なことですが、今を生きることでしか目標は手に入らないのです。逆に言えば、今を生きることで、目標の方から近ずいてくるのです。

 

今を生きるとは、物事に没頭することです。1つのことに集中し、結果を出すまでよそ見をしない。

 

堀江貴文氏のベストセラー『ゼロ 何もない自分に小さなイチを足していく』では没頭の重要性について書かれています。

 

「仕事が好きだから、没頭する」のではない。順番は逆で、「没頭したから、仕事が好きになる」。心の中に「好き」の感情が芽生えてくる前には必ず「没頭」という忘我がある。

 

また、稲盛和夫氏のロングセラー『生き方』でも没頭について書かれています

 

没頭することは与えらた今を大切に生きることにつながる。

 

 

結果が未達な人ほど、新しいことを始めようとするものです。1つのことにこだわり、没頭して今を生きる人ほど結果を出すものです。

 



 

自己満足しない

成長志向で結果を出す人は、自己満足とは正反対な考え方を持っています。常に自分を厳しく評価し、「まだまだ自分は甘い」と思っています。

 

自己満足に陥ってしまうと、その時点で志向が停止します。吸収する気がないために、成長のチャンスを逃すのです。

 

常にハングリー精神を持って、謙虚に物事を受け入れるのです。

 

一喜一憂しない

本気で結果を求めている人は、些細なことで気持ちがぶれることはありません。

 

日常生活は喜怒哀楽であふれています。

 

もちろん、感情がなくなる訳ではないので、些細な成功や失敗、出来事などには態度や仕草に表れます。

 

しかし、目標達成という1番大事な軸がぶれる事がないのです。

 

私にとってバスケットボールが最も重要でした。なので、見るテレビ、読む本、話す人達。全てが「どうやってより良い選手になれるか」という基準で行われた。そういった目線を持つと、世界はあなたの技術を育てるための図書館となる。

これは、NBA(アメリカのバスケリーグ)のスーパースターであるコービーブライアントの言葉です。

 

自分が何を求めているかを理解すると、世界がそれに必要な情報を与えてくれる、ということです。

頑張るざるを得ない環境

頑張る

「人は環境にには勝てない」という格言があるように、環境の力はとても大きいものです。

 

あなたがもし、「生きるためには結果を出すしかない」という環境に身を置いたならば、何が何でも結果を出しにくでしょう。

 

結果を出す人とは、「結果を出す必要がある人」です。

 

現状に満足しており、快適な暮らしや生活、人間関係に不満の無い人は結果を出す必要性がありません。

 

中卒なのに成功者と言われる人が多いことや、一流企業の社長にドロップアウトの経験が多いのは、頑張らざるを得ない環境に身を置き、「結果を出すという選択肢しか無かったこと」が大きな要因だと言えます。



結果
最新情報をチェックしよう!