バスケットボールを大学まで続ける選手とは

ひとし
今回はバスケットボールを長く続けられる人と途中で辞める人の違いについて説明したいと思います。

その中でも、実力があるのに途中で辞める人について説明します。

 

 

小・中学生の頃はバスケットに夢中で高い目標を持って練習に励んでいる選手でも、中学・高校と上げるにつれてバスケットを離れる人が多いことは事実です。

 

 

現に私は、上手だった選手に限って道を踏み外す人を何人も見てきました。

 

 

途中で辞める人の特徴

  1. 好奇心が旺盛で他のことに目を向けやすい
  2. 実力があるのにバスケに執着がない
  3. 我が強すぎて周りと対立する

上記の3つの理由が多いです。

 

 

好奇心が旺盛な選手

 

 

この種の人は、実力があるにも関わらず道を踏み外す人が多いです。

 

 

中学・高校と上がるにつれて、バスケットに対する優先順位が下がっていきます。上手な故に異性関係に振り回されることや、悪い友達に影響を受けバスケットを続けられなくなるパターンが多いです。

 

 

自分にとって本当に大事なことや、今まで頑張ってきたことを見つめ直し正しい選択をするようにしましょう。

 

 

実力があるのにバスケットに執着がない人

 

実力やセンスが備わっているのに、執着がない。

 

 

これは親の強制でバスケをやらされてきた人に見られる傾向です。

 

 

自分がやりたくもないバスケを強制されてきたことにより、本当に自分のやりたいことができた時にはバスケから離れるのです。

 

 

バスケを長く続けるには、バスケを楽しみ、その環境に感謝するようにしましょう。

 

 

我が強すぎて周りと対立する選手

 

 

このタイプの選手は小・中学の間は良いかもしれませんが、高校では苦労する場合があります。

 

 

自己流で育ってきた選手というのは自分の意見が第1です。

 

 

高校までくると1人の力だけで勝ち続けることはできません。チームメイトや監督の意見を素直に受け止め、チームの中で個を生かすことを心がけましょう。

 

大学まで続ける選手

 

高校までとは違い、大学で続ける選手はというのは基本的に人間力が高いです。

 

 

具体的にいうと、精神的に自立しており、自分に自信を持っている人のことです。高校での活躍や苦難を乗り越えたことによる自信と、精神的にも余裕を持っている人が多いです。

 

 

強豪校などにいると、燃え尽きる選手や限界を感じる選手も多くいます。そのためバスケから離れる人も多いです。

 

 

しかしバスケットに打ち込んできた人のほとんどが、再びバスケをやりたくなるものです。

 

大学は強制的にバスケットやるところではないので部活なのかサークルなのか、自分に最適な環境を選びましょう。

 

 

最後に

私は運動神経が悪かったため他の人よりも多くの悩みを抱えてきました。

 

また気が弱く内気だったこともあり苦労の数は誰よりも多いと思っています。

 

地獄を見た高校時代に挫折を味わった大学時代。

 

今でこそ「才能があったんだよ」「運動神経いいじゃん」とか言われますが、下手くそだった当時の私を知っている人は決してそんなことは言いません。

 

私は’才能とは継続できること’思っています。逆に言えば継続できる人はそれだけ少ないということです。

 

最新情報をチェックしよう!