バスケットボールで早咲きと遅咲きの選手を解説

ひとし

「練習しても自分は上達しない」もしくは親御さんの場合「自分の子供は才能がない」なんて思ったことはないでしょうか。

早咲きと遅咲き

 

今回説明する早咲きとは、小・中学生のうちにバスケットが上達し、チームの中でもエース的な存在のことを表します。

 

 

逆に遅咲きとは、小・中学で特に目立った活躍をせず、高校や大学で活躍する選手のことを指します。

 

 

一見すると早咲きの方がいいと思うかもしれません。しかし長期的な目線で見ると、どちら方が良いとは言い難いのです。

 

 

だからと言って「俺は大器晩成型だから今は努力しなくても良い」と言う考え方はもちろん間違っています。

 

 

ではなぜ、早咲きの方が良いと言えないのか。それは「小・中学でどんなに上手くて将来活躍できる」と言う保証はないからです。

 

早咲きと遅咲きどっちがいいの?

早咲きの場合、高校・大学と活躍できなかった時に腐る確率が高いです。

 

 

今まで試合で活躍できたはずなのに、高校や大学に上がると試合に出れなくなる。

 

 

ましてや、自分より下手だったやつが上手くなって試合に出ていたりすると、耐え難い苦痛となります。また、活躍していた選手(エースなど)ほど自己主張が激しく、わがままなことが多いです。

このような選手が高校・大学に進学して壁にぶつかると辞めたり腐ったり可能性は他の選手より高いのです。

 

 

基本的に能力が有り、なんでも器用にこなしてきた為、他の人より困難を乗り越た数や努力の量が少ない可能性もあります。

 

 

また上手くなるのが楽しくて続けていたバスケが、つまらなくなったらどうでしょう。すんなりバスケを辞める可能性も有りますよね。




大事なこと

1番大事なことは、早咲き遅咲きは関係なく、花が開く(活躍する)ことです。遅咲きで高校や大学がで活躍できたのならプロとして活躍できる確率も高いでしょう。

 

 

早咲きだからと言って高校・大学・プロで活躍できない訳ではないですし、花が開いただけでも良いでしょう。

 

 

バスケを続けていても花開かない選手の方が多くいます。

 

 

早咲きにしろ遅咲きにしろ自分1人の力で上達することは難しいです。良い監督やコーチの指導のもと花開くことも多く有ります。

 

 

自分1人の力だけではなく、環境の力を使うことがオススメです。

 

終わりに

私は運動神経が悪かったため他の人よりも多くの悩みを抱えてきました。

 

 

また気が弱く内気だったこともあり苦労の数は誰よりも多いと思っています。

 

 

地獄を見た高校時代に挫折を味わった大学時代。

 

 

今でこそ「才能があったんだよ」「運動神経いいじゃん」とか言われますが、下手くそだった当時の私を知っている人は決してそんなことは言いません。

 

 

私は’才能とは継続できること’思っています。逆に言えば継続できる人はそれだけ少ないということです。

 

最新情報をチェックしよう!