【表現力UP】知的で魅力的なかっこいい言い回し・言葉・表現その2

ひとし
今回は前にも投稿した知的な言い回しの続きを紹介したいと思います。

四字熟語

枝葉末節
意味:些細ささいな部分。 本質からはずれた些末さまつなこと。

 

例文:ダメのコンサルは枝葉末節ばかりを指摘する。

 

適材適所
意味:人の能力・特性などを正しく評価して、ふさわしい地位・仕事につけることを表す。

 

例文:適材適所で人を配置する。

 

万物流転
意味:この世の中に永遠に変わらない物は無いということを表す。

 

例文:同じことをやっても成功するとは限らない。世の中は万物流転なのだから。

 




短文

過去の栄光のリプレイ
例文:日本人は過去の栄光のリプレイをずっと見ているようだ

 

掃いて捨てるほどいる

 

例文:今の時代英語だけできる人など掃いて捨てるほどいる。

 

心配ばかりで計画しない

 

例文:老後のことを心配ばかりで計画しない。

 

理解が足りない

 

例文:問題に対して理解が足りない。

 

幅を効かせる

 

例文:幅を効かせる上司は嫌われる



まとめ

 

コミュケーションの中で、自然に難しい言葉を使いこなせる人は魅力的に感じます。

 

しかし、コミュニケーションで大事なことは、相手に伝えることなのでかっこ良さを重視しては話が伝わりにくくなることがあります。

 

大事なことは難しい言葉を使うタイミングであり、適切な場面で、相手にも伝わる表現をすることがポイントです。

 

※今回上げた表現は、私の主観で判断した言葉です。短い例文のため、心に響かないことはご了承ください🙇‍♂️

最新情報をチェックしよう!