バスケットボールがつまらないと感じる人は成長できていないから?

ヒトシ

今回はバスケがつまらないと感じる人は上手ではない、という仮定のもと成長に必要な要素についてまとめてみました。

 

私は小学校から大学までで様々な選手を見てきました。

 

その中で成長する選手には、共通の特徴があることに気づきました。

 

では早速紹介していきたいと思います。

謙虚

1つめは謙虚さです。

 

 

あなたがもし、バスケで上を目指すなら絶対に必要なスキルです。

 

 

謙虚さが大事だと思ったのは、高校と大学時代です。

 

 

高校や大学レベルの選手になると、ある程度の技術や経験を持っているため、人のアドバイスを受け入れない選手が多いからです。

 

 

特にミスした後やシュートを外した後などのアドバイスを聞き流したり、分かっているという態度をとる選手が多くいます。

 

 

これは活躍している選手に多い問題です。

 

自信を持つことは良いことですが、アドバイスは自分のためということを理解しましょう。

 

 

小・中学生の場合は夢中になってバスケに打ち込むことである程度の技術は身につきます。※運動神経が良い子は夢中になりやすい。

 

しかし、これでは高校や大学では通用しません。

 

 

上を目指すならコーチや仲間の意見を受け入れる謙虚さが必要になります。

高い志と頑張る理由

2つ目は志と頑張る理由です。

 

 

はっきり言ってここが1番重要です。

 

あなたがバスケをやる理由はなんですか?

私の場合は

  • プロの選手になりたかった。
  • 同期や後輩を上手くなって見返してやりたかった。
  • 女子にモテたかった。
  • バスケに打ち込むことがかっこいいと思っていた。
  • お世話になった人に恩返しをしたかった。

以上が私がバスケを続けた理由です。

 

 

ここの理由が多いほどは人は頑張ることができます。

 

最強なのは、頑張らざるを得ない状況を作ることです。

例えば

  • スポーツ推薦で入学したためバスケを辞められない
  • 多くの人に期待されている
  • 結果を残せなかったら彼女に振られる

 

頑張らざるを得ない状況は人それぞれですが、このような環境に身を置くことが最強だと思います。

 

※私の場合は上の2つに該当しました。

 

 

ハングリー精神

バスケットはチームスポーツです。

 

 

野球や陸上とは違い、自分の打席が必ず来る訳でもないし、個人競技でもありません。

 

 

試合に出る以上ボールを要求する必要があります。

 

 

遠慮していたら機会を逃すことになります。

 

 

うまい選手はボール保持している割合が多いです。

 

 

これはバスケが上手いから保持している反面、保持しているから上手くなると考えることもできるのです。

 

 

小・中学生のうちは少し図々しいくらいにボールを要求しても良いと思います。

最後に

私は運動神経が悪かったため他の人よりも多くの悩みを抱えてきました。

 

また気が弱く内気だったこともあり苦労の数は誰よりも多いと思っています。

 

地獄を見た高校時代に挫折を味わった大学時代。

 

今でこそ「才能があったんだよ」「運動神経いいじゃん」とか言われますが、下手くそだった当時の私を知っている人は決してそんなことは言いません。

 

私は’才能とは継続できること’思っています。逆に言えば継続できる人はそれだけ少ないということです。

 

最新情報をチェックしよう!