【魔法のライティング術】プロの目から見たライティングのポイントとは

ひとし
テクノロジーがどれだけ発展しても無くならないことがあります。それは、「書く」ということです。

時代にとらわれないライティング能力

ライティングは、テクノロジーがいくら進化しても必要な技術です。

 

それどころか、インターネットやスマートホンの普及で文字を書く機会がさらに増えたことは明らかです。

 

紙に書くという行為は減ったかもしれませんが、ラインやSNS、ゲームに至るまで、すべてにおいて「書く」という行為がセットになっています。

 

どんなに人工知能やロボットが発達しても、その時々の人の気持ちを文字に起こせるのは自分だけだからです。

 

情報を知恵に進化させるには「論理的思考力」が必要です。#小宮一慶

 

 

ライティングのスキルは人生において汎用性が高いスキルだと言えます。




アウトプットが人の価値を決める

社会に出れば、ライティングの能力はなおさら重要となります。

 

資料作成、会議の議事録、プレゼンテーション、報告書など責任を伴う文書を書く機会が増えるからです。

 

また、書くという行為は、自分が考えていることや、感じたことを文字に起こす作業です。

 

つまり、読み手が一流の人間であるほど、瞬時に書き手の感性やスキルを測ることができるのです。

 

私がこのように感じたのは、実体験からのことです。

 

外資系のコンサルティング企業のインターン

ヒトシ

以前私は、外資系のコンサルティング企業のインターンを受けた際に、会議の議事録の作成を任されたことがありました。議事録にはテンプレートがあり、先輩のお手本も用意されていました。
私は自分にできる最高の議事録を作成しよう決め、30分の会議の議事録を半日かけて作りました。いざ見てくれと言わんばかりに提出した議事録はなんと、8割が赤線で埋め尽くされていました。
大学レベルと一流コンサルタントの差を肌で感じた日でした。再提出となった議事録を改めて見ると、そには書き直されたザ・エリートみたいな文字が並べられていました。
自分のライティング能力の低さを感じぜざるおえない出来事でした。憧れと同じに、とてつもない羞恥心にさいなまれました。

 

また、啓発系YouTuberとして20万に以上の登録者を誇る、マコなりさんもライティングの技術を重要視しており、

 

文書力で年収が決まると言っています。




読まれて初めて意味がある

書くという行為はコミュニケーションです。

 

コミュニケーションはキャッチボールと同じで、

 

グローブを構えていないのに投げたり、 構えていても取れなけらば暴投や危険球と同じですよね。

 

自分の話したいことばかりを一方的に話さないことでが重要です。

 

ライティングにも同じことが言えます。

 

何を伝えたいのか、何が目的なのか、何を与えるのか。

 

読み手がいて、初めて価値が生まれるのです。

 

では、どうしたら読んでもらえる文書になるのか。

 

この問題に、コンサルタントの第一線として働き、100冊近い本を出版している小宮一慶氏はこのように言っています。

 

読み手に「バリュー」と「インパクト」を与えることが重要である。

 

「バリュー」と「インパクト」の重要性について語れる人は少ないのではないでしょうか。

 

「バリュー」とは、読み手にとって価値があること。

 

    「インパクト」とはその内容が相手の心に残ること。

 

この2点が意識されている文は読み手の心を掴み、読んでもらえる文書になると言うことです。

 

では、「バリュー」と「インパクト」を出すためにはどうすればいいのか。

 

このことにも小宮氏は詳しく説明しています。

 

バリューとインパクトを出すために

  • 読んでもらう対象を決める
  • 相手が何を求めているか
  • 相手の状況やレベルを考える
  • 分かりやすい言葉を使う

スキルアップの仕方とは

ここまでくると、スキルアップの仕方について気になるのではないでしょうか。

 

ライティングスキルの上達方法


  • 「関心」と「仮説」をもつ癖をつける
  • 「感じたこと」「気づいたこと」をメモし言語化する
  • これ以上のものは書けないというレベルで書き続けることでレベルが上がる

 

以上のことは小宮氏がオススメする上達方法です。

 

文書を書くときの第一ステップは「関心」を持つことです。

 

人は自分の趣味や興味のあることの情報を無意識のうちに集めます。

 

政治に興味ない人が国の政策について書けと言われても無理ですよね。

 

適切なインプットがないと良質なアウトプット(書くこと)はできないのです。

 

アウトプットに役立つインプットをしていくためには、その前提として、「アウトプットに使えるものはないかな」と常に考えておく必要がある。ある意味、必要は発明の母なのである。

 

常にアンテナを張って物事を見ているからこそ、アウトプットに必要な材料が入ってくる。#小宮一慶

 

酒
最新情報をチェックしよう!