【プロフィール】14年間のバスケットボール生活

ひとし
私は小学校3年生から大学4年生まで、約14年間バスケットボールに打ち込んで来ました。

今回は私の経験について紹介したいと思います。

 

もし同じような道を歩んでいる人がいましたら、参考程度にはなるのではないでしょうか。

走る

14年間の成果

  • 高校時に全国大会出場
  • 県内では1位を経験
  • 国体選抜
  • 現日本代表の馬場選手八村選手とマッチアップ経験
  • 関東の大学にスポーツ推薦で入学
  • 大学3年時からスタメンとして活躍

 

私は小学生の頃からプロバスケットボール選手になるのが夢だったので、満足できる結果ではなく、自慢できる経歴でもないです。

 

 

しかし、1つだけ自信を持って他の選手よりも凄いと言えることがあります。

 

 

それは、努力の量です。

 

圧倒的に悪い運動神経

サッカーをすればボールの上に乗り捻挫をする。野球をすれば顔面にボールが直撃やトンネルの連続。

 

 

足は遅くて走り方も変だと言われた。体育祭では応援の振り付けの覚えが1番悪く、動きが硬い。

 

 

などなどエピソードは覚えられないくらいあります。

 

 

バスケは同時にやることが多いスポーツです。

 

 

走りながらドリブル。レイアップなどの細いステップ。リバウンドやシュートの時の空中での動作やバランス力。ディフェンスの低い姿勢でのサイドやクロスステップ。

 

 

キングオブスポーツと言われるだけあって運動音痴にはとてもハードルが高いです。

 




内向的で遠慮癖があり優しい性格

運動神経よりもこっちの方が厄介だったと思います。

 

 

私は小学生の頃から優しい性格で、取っ組み合いの喧嘩もしたことがなく、どちらかと言うと内気インドア派なタイプでした。

 

 

バスケットボールは野球や個人競技と違い遠慮していたら自分の順番が回ってこないスポーツです。

 

また、バスケに限らずスポーツは勝負の世界です。

 

 

自分が勝ち残るためには相手を踏みにじる必要があります。

 

 

特にバスケの場合、コンタクト(接触)のスポーツです。

 

 

シュートやリバウンドには最適なポジションを自分でこじ開ける必要があります。

 

 

勝つために相手にぶつかりに行くことが何よりも苦手でした。

 




基礎基本を教わってこなかった小・中学時代

バスケットボールは小学3年生からやってきましたが、基礎基本についてはほとんど教わりませんでした。

 

 

というのも、チームは弱小で監督もバスケ初心者。中学の最後の大会では1回戦敗退というこれ以上ない弱いチームでした。

 

 

ここで皆さんが思うのは「でも弱小チームによくいるエース的なポジションだったでしょ」とか「チームメイトが弱かっただけでしょ」みたいな発想ではないでしょうか。

 

 

全く違います。むしろ得点を取っていたのは僕以外のメンバーでした。

 

 

先ほども言ったように私には運動神経という能力が皆無です。ましてや積極性もない。

 

 

そんな私が監督やコーチの教えなしにバスケが上手くなるでしょうか。言うまでもないですね。

 

 




 

最後に

私は運動神経が悪かったため他の人よりも多くの悩みを抱えてきました。

 

また気が弱く内気だったこともあり苦労の数は誰よりも多いと思っています。

 

地獄を見た高校時代に挫折を味わった大学時代。

 

今でこそ「才能があったんだよ」「運動神経いいじゃん」とか言われますが、下手くそだった当時の私を知っている人は決してそんなことは言いません。

 

私は’才能とは継続できること’思っています。逆に言えば継続できる人はそれだけ少ないということです。

ドリブルの基礎
最新情報をチェックしよう!