バスケットボールで試合に勝つために必要なこと

ひとし
今回は試合に勝つために重要なこと紹介します。

 

相手チームを分析する

相手チームを分析しておくことで勝率を上げることができます。

 

 

ビデオやスタッツを見て、スコアラーやリバウンダーを把握しておくことで、対策を立てることができます。

 

 

自分のマークマンをチェックしておくことは重要で、相手の得意なプレーや苦手なプレー、自分のオフェンスが通用しそうかなどは確認しておくべきでしょう。

 

 

相手のディフェンスで確認しておきたいことは以下の通りです。

  • マンツーマンだけなのか
  • ゾーンはあるのか
  • ダブルチームはするのか
  • ヘルプの速さ
  • ディフェンスの寄り
  • プレッシャーかけ具合
  • 戻りの速さ

 

相手がゾーンディフェンスの場合は、チームでゾーンを攻略する練習をしなくてはなりません。

 

 

試合中の突然のゾーンに対応できるために、チームでゾーンアタックの練習はしておきましょう。

 

 

1人1人が役割を徹底する

選手には役割があります。

 

 

各選手が自分の強みを持ってコートに立っているからです。

 

 

この強みは、相手のレベルに関係なく試合で発揮しないといけないです。

 

 

個々が自分の強みを活かさずに、コートに立つことは、仕事をサボっているのと同じです。

 

 

試合に出ている選手は、自分の役割を理解し、コートで表現することが仕事なのです。

 

 

勝ちパターンを作る

強いチームには勝ちパターンがあります。

 

 

勝ちパターンを作り出すには2つのことが必要です。

 

 

2つのこととは…

  • 個々が自分の役割を果たすこと

 

  • チームとしての武器があること

 

チームの武器とは、チームのルールです。

 

 

チームでルールを決めることは大きな武器になります。

 

 

強いチームのルールとは 例えば…

  • アウトナンバーは絶対に入れる
  • ミドルラインには抜かせない
  • ボックスアウトの徹底

 

チームで決まり事を守ることで、試合の流れを掴み、アドバンテージを取れるのです。

 

 

チームでルールがない場合、選手は何を徹底すれば良いのか分かりません。

 

 

ルールを決めておくことで、指導者側も何を怒れば良いのかが、はっきりと分かります。

 

 

怒られた選手も、素早く理解でき流のです。

 

 

強いチームほどルールが徹底されており、ルールの徹底により全体の質も上がるのです。

 

 

最後に

私は運動神経が悪かったため他の人よりも多くの悩みを抱えてきました。

 

また、気が弱く内気だったこともあり苦労の数は誰よりも多いと思っています。

 

地獄を見た高校時代に挫折を味わった大学時代。

 

今でこそ「才能があったんだよ」「運動神経いいじゃん」とか言われますが、下手くそだった当時の私を知っている人は決してそんなことは言いません。

 

私は’才能とは継続できること’思っています。逆に言えば継続できる人はそれだけ少ないということです。

 

最新情報をチェックしよう!