【猿でも分かる】Webエンジニアの仕事とは

ひとし
私はまったくの未経験からWeb系エンジニアになりました。今回はそのWebエンジニアについて説明します。
こんな人に読んでほしい 
・未経験から入社を考えている方
・Web業界に就職・転職を考えている方

Web系プログラマーの仕事


Web系プログラマーの仕事は、Webのシステム・クラウドシステムやWebアプリケーション、ホームページなどのサイトを作成することです。

 

基本的に、クラウドやWebアプリケーションを作るシステム側企業のホームページやWebサイトなどを作るデザイン側の2種類があります。

 

会社によってシステム側とデザイン側で分かられている場合がほとんだと思います。

 

と言っても、未経験の方はシステムやアプリケーションと言ってもピンと来ないかと思います。私はピンと来ませんでした。

 

Webシステム・クラウドシステム


Webシステム・クラウドシステムとはインターネット上で使える機能のことです。
インターネットに繋がっていれば利用できるため、同時に多くの人が使え、メンテナンスも容易に行うことができます。
カモ会長
カモ会長
どんなものがWebシステムなの?
例えば・・・
・会計システム
マネーフォワード弥生会計
・人事システム
SmartHRあたしのチーム
会社はこれらのシステムを使うことで、時間・手前・費用などを削減をすることができるのです。
Webシステムのメリット
  • 初期費用が安い
  • メンテナンス性が高い
  • 多くの人が利用できる
  • インストールの必要がない
デメリット
  • ネットがないと使えない
  • セキュリティ面が最適とは言えない

Webアプリケーション


Webシステムと同じでインターネット上で使う機能になります。

 

こちらは日頃から使う人も多いのではないでしょうか。

例えば・・・
・フェイスブック
・Skype
・ツイッター

 

カモ会長
カモ会長
Webシステムと何が違うの?

Webシステム・クラウドとの違い

  • クラウドよりも高額の場合も多い
  • データはサービス提供側で管理する
  • インスールが必要な場合も多い

 

Webデザイン


Webデザインは企業ホームページやブログ、商品サイトなどを作成する仕事です。

 

システム側は機能や性能を作るのに対して、デザイン側はサイトの見た目など目に見えることを作る仕事です。

 

ヒトシ
今見ているこのページなどもWebデザインの仕事に当たるでしょう。

 

企業は自社のサイトをより良くするために強いこだわりを持ってサイト制作を依頼してきます。

 

また、ホームページ以外にもECサイトや学習サイトなどのデザインの制作します。

 

システム側は男性が活躍しており、デザイン側は女性が活躍しているイメージがあります。

 

 

初心者の仕事とは


ひとし
未経験で私が入社した際の実際の仕事を説明します。今回はシステム側の業務についてです。

まずは研修


研修はIT業界に関わらず、どこの会社に入社しても、はじめに行うのではないでしょうか。

 

研修の内容

  • ビジネスマナー
  • IT業界の動向
  • 簡易的なシステムの作成
  • 各作業のプレゼン

研修は、社会人としてのマナーやあり方の他に、IT業界の動向やシステム制作の流れなどがあります。

 

IT業界未経験の人は、システムやプログラムといったことをまず理解しなければなりません。

 

研修の期間は1〜3ヶ月間あたりが多いと思います。




テスト作業


研修を終えたら実際の業務になります。

 

といっても、研修を終えただけではプログラムを0から制作することはほぼ不可能です。※技術的に

 

なので、比較的簡単な業務である、既に制作済みのシステムの修正作業やテスト作業になります。

 

この修正業務とは、実際に完成したシステムをネット上で動くかどうかのテストになります。

 

カモ会長
カモ会長

お客さん渡す前にちゃんと動くかチェックをするということか。

運用・保守


pc

運用・保守とは、実際にお客さんに使っていただいているシステムの稼働チェックやバージョンアップ、トラブル対応などのことです。

 

1度作ったシステムでも、欠陥やトラブルは常に起こるものです。

 

運用・保守の仕事はリリース直後が1番多く、時間が立つにつれて減っていきます。

 

テスト作業がリリース前なのに対して、運用・保守はリリース後の仕事なのが特徴です。




プログラミング


プログラミング

テストや運用・保守を経験したら、次は実際にプログラミングになります。

 

ここで勘違いするのが、テストや運用・保守もプログラミングということです。

 

ただし、テストや運用・保守のプログラミングは既に制作済みのコード(プログラム)を書き直す程度です。

 

対して、システム0から作るプログラミングは難易度も違い経験値も必要になります。

 

プログラマーの次はエンジニア


プログラマーはシステムを作る専門家です。

 

対して、エンジニアはシステムをお客さんに届けるまでの総合的な仕事します。

 

工程

 

システム制作の基本的な流れになります。

 

これらの仕事を行うのがエンジニアであり、プログラマーはエンジニアの一部の仕事となります。

 

要件定義や概要設計などの上流工程の方が経験を必要とするため、お給料も高くなります。




効率を重視するなら


IT業界で働く人の多くは、情報系の専門学校や大学を卒業しています。

 

もちろん私のように未経験からIT業界の門を叩く人も多くいますが、大きなハンデを抱えることになります。会社も、お金と時間をかけて人材育成をするよりも、即戦力を雇いたいからです。

 

人材育成を掲げている企業も多いですが、いずれにせよ若い世代に限られてくるかと思います。そうなるとIT業界に入るためには、独学やスクールに通い、スキルを身につけることが妥当かと思います。

 

私がオススメするのは、まずは独学で少し勉強してみて、続けれそうならプログラミングスクールに通うということです。

 

私も未経験ではありましたが、独学をしてからの採用に至りました。独学ではプロゲートドットインストールがオススメです。どちらも無料でお試しが可能です。

 

なれてきたら、スクールに通い専門スキルを身に付けることがオススメです。

 

スクールは実際に足を運んで習いに行く方法もありますが、オンラインで学習することもできます。通う時間がない方や、近くにスークルが無い地方の方などはオンライン学習がオススメです。

オンラインで学習ができるオススメスクール

 

とはいえ個人的には返金保障制度もあり、お客様満足度98%のTECH::CAMP一択かなと〜。このあたりは個人差がありますね。

 

 

プログラミングのオンライン学習をするならこちらの大手3社がオススです。

 

 



TECH::CAMP(エンジニアスクール)

また、無料の説明会も行なっていますので気になる方は1度考えてみてもいいかと思います。


Webエンジニア
最新情報をチェックしよう!